マレーシアで双子を育てています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族の反応
長い一日。もう夜の11時半だというのに、「これから実家に報告に行く」というダンナ。義母は「アルハムドゥリッラー」と言って喜んでくれた。一番末の義妹は、笑っていた。その後、「誰の家系に双子がいるか」という話になり、「こっちサイドでは、双子がいるって聞いたことないよ。Hananiの家系でしょ?」と半ば強制的・断定的に義母がきいてきた。双子は遺伝だって限らないと思っていた私は、こんな議論は無意味だと思いながらも「いや~、こっちにもいないんだけど(^▽^;」と答えた。

後で判明したんだけど、義母のおばあちゃんが双子だったらしいです。ただ、双子の片方が生後すぐに亡くなっていたので、それまで双子だって知らなかったらしい。今でも、双子だと言うと「あなたの家族に双子がいるの?それともご主人の家族?」ってよく訊かれます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。