マレーシアで双子を育てています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンタン
退院する日(出産の翌日)は断食初日。私は今年断食は出来ないけど、周りのみんなは断食してるわけで、特にお世話になったダンナの実家にはかなり申し訳なかったかな。でもみんなすごく協力してくれて、とても助かりました。

こっちの人達って、赤ちゃん大好きだよね。莉奈の時は赤ちゃんの取り合いみたいになって、かなりブルーになったけど、今回は2人もいるし、仕事復帰を念頭に置いていたので、「どんどん持ってってー」って感じ(笑)。

さて、マレー系の産褥期は44日で、その期間を「パンタン」と呼びます。(ちなみにチャイニーズ・マレーシアンは1ヶ月ですよね。)私がかつてジオシティーズでHPを開いていた頃に、パンタンについて書いたのですが、ここでさらっとおさらいを・・・。

パンタン中にしてはいけないこと。
・冷たい物を口にしない。(ご飯は炊き立てのものを。野菜、果物は食べられる物が決まっています。ラクサは産後1年はダメらしい。もちろん、冷たい水もダメ。)
・お腹をすかせてはいけない。(お腹に空気が入って腹痛をおこすから。)
・エアコンを使ってはいけない。
・早朝と夜にお風呂に入ってはいけない。
・会陰切開をしたら、傷が良くなるまで卵と肉類はダメ。
とにかく、体を冷やさない事が大事なんです。そのため、いつも靴下を履くように言われました。(私はあまり履かなかったけど・・・。)

(※切開しても肉類OKだとか、果物の中でもオレンジだけは食べられるとか、細かい内容は家庭によって異なるみたいです。)

逆に、やった方がいいことには、トゥンク(熱した石をお腹にあてる。空になった子宮に溜まってる空気が出てくるらしい)、産褥マッサージ、ハーブを煮出したお湯でお風呂、生姜やハーブを食べるetc…ですかね。こちらの人は産後60日間、ハーブのピルを毎日服用します。私も今回は挑戦しようと思ったけど、義母が「昔、自分の体に合わないピルを飲んで、髪と歯が抜けた」という話を聞き、結局止めました。でも、ハーブは体を温かくして疲れにくい体にしてくれるらしいので、マレーシアに住む妊婦さんで興味のある人は試してみても良いかも、です。それから、ガバメントのクリニックに登録しておくと、産後10日程は看護婦さんが毎日家まで様子を見に来てくれて、必要な薬も出してくれるので、精神的にもかなり楽ですよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。