マレーシアで双子を育てています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産院決めた!
以前行った個人病院。「双子産めるよ」って言ってたけど、何しろ個人病院なので設備が整っていなく、(Blood Bankなんてもちろんない)、産まれた赤ちゃんに万が一の事があると、国立病院に搬送されてしまいます。ただでさえリスクの大きい双子出産、個人病院で産むのはいろいろ不安がありました。

でもう一つ、この辺で一番大きい私立病院の下見に行く事になりました。この辺に住んでる人なら誰でも知ってるBスペシャリスト病院(笑)。予め同僚に聞いていた有名なドクターにはあたらなかったけど、担当してくれたドクターもなかなかいい感じ♪ダンナも一発で気に入って、「ここで産もう」ということになりました。その時すでに妊娠7ヶ月。
スポンサーサイト
マレーシアの国立病院
娘を出産したのも、この国立病院でした。初めマレーシアの病院の事なんて何一つ知らず、「国立病院なら安心だろう」とダンナに言われるがままに国立病院で出産したんだけど・・・。分娩は良かった。ドクターも助産婦さんも良かった。ただ、その後の産後入院がね・・・。産んだその日から母子同室。どんどん妊婦さんが出産にやってくるから、ベッドの数も足りず、何の問題もない限り産んでから24時間後には退院させられる。

私の場合、「ファーストクラス」でエアコン・バス・トイレ完備の二人部屋だったんだけど、初めに入院してたお母さんが「赤ちゃんが風邪引いちゃって」とエアコンを切っちゃうし、お陰で蚊が大量に・・・(苦笑)。看護婦さんも様子を見に来てくれないし、母乳推進で哺乳瓶を与えちゃいけないから(産んですぐに十分な母乳がでるわけじゃないのに!)、赤ちゃんはお腹が空いて泣いちゃうし。面会時間が限られてるから、夜中は私がずーーーっと一人で赤ちゃんをお世話したという辛い経験があるんです。しかも、赤ちゃんが泣くから抱っこしてたら、通りすがりの看護婦さんに「落とすよ」って言われた。本当は、頼めば保育室で赤ちゃんを預かってくれるらしいけど、新生児の誘拐が多いのも国立病院。

とまあ、書き出せばもっといろいろ出てくるけど、この私をたくましくしてくれた経験から、「次は別の病院で出産しよう」と思っていたのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。